いつもの測定器を忘れたんで、違う機械で測った日曜朝の血糖値だけど、何か久々の2桁ですね。

喜ぶのは早計ですが、内服薬の追加、ウォーキング、筋トレの開始。食事内容の見直し(野菜、オートミールの活用)と、畳み掛けるように色々おっ始めたことが功を奏したような気がしています。

その中でも「筋トレ」は結構辛かったです。

僕は普段、重いものを担ぐ仕事はやってないけど、それでも職場では結構な力持ちと認知されていて、自然とフォークリフト的な役割が回ってきます。

嫌なら断われば良いんだけど、僕が断った結果、ギックリ腰になった人もいたし、腰痛で辞める人もいたわけで、僕なりに責任を感じることもあって、フォークリフトを買って出ています。

まぁ、最近は体調が良い(検査結果は別として)ので、自発的に手伝うようになってきてるわけですけど、こんな僕でも、何故か「筋トレ」となると、急に表情が曇ってきてしまうので、おかしなものです。

やっぱり、どんな力自慢でもラクしたい気持ちに変わりはないと思います。僕もプライベートでは、いかに力を使わずに済ますかという点に腐心します。

だからダイエットにしろ、血糖コントロールにしろ。有酸素運動にこだわるんです。いや、有酸素運動に「逃げる」といった方が正解かな。

それでまぁ、今回の血糖値の乱高下で、筋トレを開始するに至ったわけなのだけれど、もう何かスゲー嫌なわけですよ。意欲にプロテクトが掛かってる感じで、泣きたいくらい嫌。

それでもインスリン抵抗性を解除するためには、筋トレは避けて通れないと解ってきた。調べれば調べるほど、促されるんだな。「筋トレやるべし」って…。

初心者の筋トレメニューを一週間前から取り掛かっているんですが、力自慢の筈が、腕立て伏せは、若い頃は100回位平気でこなせたのに、今はたった10回。それも凄く辛いの。

考えてみれば、若い頃は体重65kgだったからスイスイいけたんだけど、今は110kgだもんな。加齢を考慮しても、45kgの過重はきついよ。

メニューは基礎的なものだけ。

プッシュアップ(腕立て伏せ) 10回
クランチ(足を上げた腹筋) 10回
プランク(体を浮かせた腹這い) 30秒
スクワット 10回

巷のトレーニーが聞いたら笑い出すような内容だけれど、本当にコレくらいなんですよ、オイラの実力。

所要時間は全部で20分くらい。今の所、最難関は腕立て伏せ。想像以上に腕力が低下している。逆に、全然楽なのがスクワット。ジョギングとかウォーキングをやってたからだな。

うーん、こうしてみると、全身をまんべんなく鍛える必要性を痛感。とりあえず各30回くらいはこなせるようになりたいです。

ブログランキング・にほんブログ村へ