いやはや…先週から大変な日が続いています。

休み明けの朝、空腹で目覚めた血糖値が以下です。

またしても250mg/dl越え。これはどう考えてもおかしい。昨夜は空きっ腹で寝たはずなのに…となると、大分で義母の機械でマークした値もウソではなかったことになる。

でも何故ここへ来てこうなるのか、全然納得がいかない。

断酒を2年経過し、そこそこ運動してきたし、最近は間食すらやらなくなった。

早速担当医に相談してみました。今度は自分から「インスリンが出てるかどうか調べて欲しい」と申し出ました。その日に採血。翌日帰ってきた結果が以下です。

一般検査では、HbA1Cが8.3であることを除いては概ね良好です。
しかし8.3というのは、爆上がりだな。

その下が糖負荷試験の結果です。医師の話ではインスリンはそれなりに出ているそうです。

ちなみに264mg/dlが出て、ぎゃあぎゃあ言いながら採血したものの、採血する頃には、空腹時血糖があっさり105mg/dlに落ち着いている節操の無さ。

この時点で、内服薬の変更を告げられました。ピオグリタゾンという、インスリン抵抗性を改善するお薬です。

僕の糖尿病は、インスリン抵抗性が極めて高いタイプだそうです。

僕は医師の面前で常々、そんなに食ってないと抗う一方の姿勢でしたが、検査の結果、認識を改めました。食っていないのが事実だとしても、現時点で太っていることが問題なんです。

そこを解消しない限り、インスリン抵抗性は解除されません。健診の度に姑息的なダイエットをしたところで、それは付け焼き刃に過ぎなく、むしろ長期的に考えると、病状を進行させること以外、何の役にも立っておらず、やはり根本的な解決は痩せる以外にないという結論に至りました。

ちなみに土曜日の夜勤中に遅い夕食を摂った後の血糖値が以下。これも凄い高いですね。

その翌朝、正常範囲に収まっています。

その後、僕も色々調べたのですが、ウォーキング等の有酸素運動だけでは減量は無理ですね。筋トレも併用する必要があるようです。

当面は腕立て伏せ、腹筋、プランク、スクワットの自重トレーニングを行いますが、何せ筋トレ嫌いなので、続くかどうか。

でもやるしかないです。

さらに担当医から、昼食だけでも病院の食堂に食べに来ないか、と提案されました。市販の弁当だとどうしてもカロリーが高いからだそうです。

ありがたく利用させて頂くことにしました。一食400円とリーズナブルですが、とても美味しくて満足できるヘルシーなランチでした。

今日は仕事帰りに運動公園を一時間ほどウォーキングして帰る予定です。

ブログランキング・にほんブログ村へ