5月29日夜勤明けの血糖値は以下です。

僕とmyfitnesspalの相性はかなり良いらしくて、このアプリの設定通りに継続すれば、6月23日には体重が97kgになる予定…

……………とのことです。

いや、でも本当かねぇ…あと4週間しかないのに、そんなこと言い切っちゃって。

どーも嘘っぽいなぁ、このアプリ。

まぁ一応、アプリを活用して、律儀にダイエット生活を頑張っています。今日も料理の画像を貼っておきますね。

さて、先日お伝えした手話フリートークなんですけど、これは一体何なのかというと、オンラインを使って手話で雑談を行うという取り組みのことです。

現在受講中の手話講座のレッスンの一環で、もちろん有料です。一回あたり1550円掛かります。

1550円って高くない?と思う人もいるかもしれませんが、ネイティブの手話をマンツーマンで受講出来る機会なんて、物凄く貴重なんですよ。

僕も地域の手話サークルでろう者と接する機会があったけど、僕自身が人見知りで、あまり人好きのするタイプでもないので、金でも払って何とかお相手してもらえないかな、とよく考えたものでした。

ろう者にも人の好き嫌いがあるので、僕とはさっぱり目を合わせてくれないもんなぁ。

というわけで、5月24日にフリートークさせていただいたのですが、お相手はスレンダーな女性講師で、神妙な雰囲気の中、トークがスタート。

熊本地震の事やら、仕事のことやら、始終向こうのペースで話が進みます。何か一方的にプライバシーを聞き出されて、それに対する申し開きを手話で行う…といった感じで、人生のどこかで似たようなシチュエーションがあったなぁ…と思い始めて、思い当たったのが若い頃の「お見合い」でした。

本当にアレによく似ていた。正直者なので、アレが物凄く苦手だったし、ろくな成果も挙げられなかった。

結局、その後恋愛結婚に落ち着いたけれど…。

僕が相手について聞き出せたのは、3歳の頃高熱を出して耳が聞こえなくなったことと、現在マンション住まいなので、地震が起きたらどうすれば良いのか不安を感じている、ということぐらいだった。

向こうのペースになりがちなのは、相手が慣れているからというのもあるけど、こちらの手話スキルの低さが大きな理由です。

まぁ、呆れるほど手数が少なく、相手のフォローに頼りっぱなし。

月一回の受講で、あと何回かあの方にお相手していただけるみたいなので、次回はもう少し手数を増やせるよう頑張ります。

ブログランキング・にほんブログ村へ