日曜夜勤明けの血糖値は以下です。

先日長い療養期間を終え、職場復帰しました。

復帰して驚いたのが、僕以外にも3名の陽性者がいて療養中であったことです。

お仲間がいて嬉しいとほくそ笑んだのも束の間、防護服を初めとして、職場には厳しい感染対策が待ち受けていて、復帰初日から汗だくでした。ゴーグルも装着しなきゃならないし、一日中サウナに入っているようなものです。

防護服もオーソドックスなガウンタイプと、頭から被るツナギタイプというのがあって、ツナギタイプと遭遇した時は、ちょっと驚いた。

まるで仮面ライダーフォーゼみたいな格好。「宇宙来たーっ」のライダーですね。顔の目と鼻だけしか露出出来ないようになってるんです。

何か暑苦しそうだから、何べんもそばに行って「暑くない?ソレ」って訊いたんだけど、ガウンより全然楽らしい。

まぁこの人たちは感染域への出入りがないから、頻回なガウンの交換が必要ないので、楽といっちゃ楽だろうけど。

人手が足りないもんだから、当然ながら業務量も普段の倍くらい、もうヘトヘト。

感染したスタッフって、ほぼ前線部隊の人たちなんですね。

カナメの人たちばかり。

だからリタイアされると、必然的に残された人間の業務が過密になってくる。何の業種か、大体察しはつくでしょうけど…。

あまり詮索されるのも嫌なんだけど…。

一体いつまで続くのかな、この状況。

ところで、療養中にダイエットを止め、リバウンド覚悟でしっかり食べて栄養摂取に努めていたのですが、21日に体重測定したところ、何故か少しだけ減っていました。

myfitnesspalの予測値(93.5kg)にははるかに及ばないですね。でももう、myfitnesspalを使うことはしばらくないでしょう。

myfitnesspal はコンスタントに減量可能な、優れたダイエットツールだとは思うけど、ダイエット中は、抵抗力が落ち、易感染性に傾きやすいからです。

これは僕の主観なんだけど、しっかり飯を食って堂々と太ってる人の方が、こういう状況では生き残りやすいんじゃないかと思います。

実際、職場では太っちょ達が相変わらず元気に立ち働いています。僕もダイエットなんかやらなければ、リタイアすることはなかったかも。

だからといって肥満を礼賛しているわけじゃないです。僕には血糖コントロールも必要なんで…。

僕を含め、暑苦しさには皆まいっています。防護服には不満たらたらで、汗を滝のように流しながら頑張っているわけだけれど…。

とにかく第7波が早やかに収束しますように…。

ブログランキング・にほんブログ村へ