今朝の空腹時血糖値は以下です。低血糖症状こそないものの、少し頑張り過ぎかな?

 

火曜日の昼下り…。

突然女房が部屋へやってきました。「今日は映画を観ましょう」とおっしゃるわけですよ。

まぁ、女房の誘いは基本断らないように心掛けているので「何観るの?」と訊ねると「バズ・ライトイヤー」と即答なさいました。

「何時からあるの?」と訊くと、スマホで確認して「午前中で終わってる」そりゃあ残念。

しばらくして「これなら18時からやってる」とスマホを指し示したのが「TANG」という邦画。

はっきり言って、全然聞いたこともない邦画。サムネイルから察するに、ハートウォーミング・ストーリーであることは疑いのないところ。

ただねぇ、一つ難点が…。

字幕が無いんだよなぁ。

この時、僕は僕で「日を改めてバス・ライトイヤーを」と言おうとしたんだけど、こいつもこいつで吹替しかないし、もう終わっちゃうみたいなんだよな。

それで渋々出掛けたわけなんだけど、何か小汚いロボットとニノさんが寸劇を演っているわけ。

ニノさんはまだイイ。問題はロボットだよな。

口が読めないじゃん。

せめて前日に言ってくれてれば、ネタバレ記事とかで予備知識を仕入れて行けたんだけど…。

上映中、2割程度の理解度でずっと鑑賞し、ニノさんと奥さんがヨリを戻して、子供ができて、ハッピーエンドで終わるという、子供のいない夫婦にとって、屈辱的なエンディングを拝まされて、帰宅しました。

お互い映画の感想など一言も述べておりません。

作品に罪はないけれど、あの映画、観なかったことになっております。

ドッと疲れました。

 

ブログランキング・にほんブログ村へ