12月16日日曜日の空腹時血糖値は93mg/dlでした。

 

火曜日にろうの理髪店に行きました。

前回告知されていたんですが、理髪料金が500円高くなっています。

今はどの業種でもそうなんですが、諸経費が高騰してて経営が大変そうですね。

僕としては、替えの利かない店ですので、どんどん値上げして生き延びて欲しいと思っています。

この日は客が僕だけしかいなかったせいか、割と手話でのやり取りが多めでした。

店員さんも僕に慣れてきたのか、しっかりアイコンタクトしてきてくれる。

まだ世間話が出来るほどではないけれど、もう筆記に頼ることはないですね。

向こうも、「出来るだけ手話で対応する」という思いがあるみたいですけど、ただ、こちらの手話の力量もあるし、他の客の疎外感など心情を考えると、大っぴらに手話を使うことも難しいんだろうな、と感じました。

何にしろ、向こうもお客さんあっての商売ですからね。

僕の方もまた意気地のない男で、自発的に何かを語ることを全くしないので、そこは大いに反省しなきゃな。

カットを終えて、カレンダーまで頂きました。そのカレンダーは店長と親しい著名ヘアーデザイナーの作成したカレンダーだそうです。

良いカレンダーなので、画像をアップしようと思ったけれど、表紙に著作権云々(勝手に流用したらいけませんからね、というテキスト文)が印刷されてたので、恐々と紹介いたします。

店員さんが壁に貼ってある写真を指差して、店長とヘアーデザイナーのツーショットを見せて、「この人凄い人なんです」って話を手話してくれた。


僕はそっちの業界のことは全然知らないので「へえー、スゴイなぁ」と受け流してしまったけど、『その人、有名なの?』『この写真、ココのお店でとったの?』とか、色々展開があったじゃんと後になって後悔しました。

最後は型通りだけど「来年もまたよろしくお願いします」って手話で述べて店を出てきた。

駐車場の車に乗り込みながら、『ちょっとずつだけど、距離が近くなってきたかなぁ』と思い、ニンマリしました。

手話を勉強したからって急にろうの人たちと仲良くなれるわけじゃないです。

特に僕のような性格だと、色々と物怖じして難しい。

押しかけて行って上手くいく人もいるけど、地道に接触を重ねていくと、そのうち向こうが引き入れてくれる場合もある。

これからもそういうスタンスでやっていこうと思っています。そのほうが僕もストレスを感じない。

もうじきオンライン手話講座の中級課程が一年経過します。いつ終わるのか、まだ不明ですけどね。

中級課程が終わったら「上級課程」?と思うかもしれませんが、「上級」のラインアップはないんですよね。

つまり講座形式のレッスンは終わっちゃって、あとはあそこをオサラバするか、フリートークで実践的なオンライン手話に移行していくか、という選択が待っています。

僕は、うーん、そうだな。お金、時間の工面、トーク相手との相性という問題があるからなぁ。

どうしようか、少し迷っています。

これまではたまたま相性が良い講師に恵まれたんだけど、今度はどんなもんかなぁ。

手話サークルに戻っていく選択肢はないです。(頑として)

変わり者の健聴者が集まった、ボコブリンの巣窟みたいで、あまり好きではないの。

何か良い道が開ける事を願っております。

PS.昨夜「デフ・ヴォイス」放映されましたね。あいにく僕は夜勤だったので、帰宅後録画を観る予定です。





ブログランキング・にほんブログ村へ 人気ブログランキング

PVアクセスランキング にほんブログ村
HayaDays - にほんブログ村
人気ブログランキングでフォロー