日曜日朝の空腹時血糖は以下です。正常値です。

検診結果やダイエットで、ここんところ気が滅入ることが続いています。

でも少し良いこともありました。

手話検定の準一級に合格したんです。先日合格証が送られてきました。

試験に関しては、受けることは受けたんだけど、どうもちゃんと受けた気がしなかった。

あの試験はハプニングだらけで、試験開始時間から30分遅れてようやくオンライン面接開始。僕の落ち度ではないから、ずっとアクセスを待ち続けたんだけど、明らかに向こうの人為的ミス。

「たぶんトラブルだろうなぁ」と、ZOOMを開いて待ってたら、だいぶ遅れてお姉さんが画面に現れて試験スタート。試験開始後も何かと手間取って、待たされることが多かった。

僕がZOOMに慣れていて、待機を続けたから良かったんだけど、慣れてなかったら諦めてたかも…。

受かったのに愚痴ばかりだな。

次回はいよいよ一級受験です。まさかここまで来るとは思わなかった。

あぁ、そうそう、2週間前だったかな、ろう者の理髪店でカットしてもらってきました。

今回は2回目ということもあって、スムーズにいったせいか、どんな会話を交わしたかあまり記憶にないんです。

前回はカットとシャンプーだったけど、今回は顔ゾリもお願いしたんだっけ。

「フルのセットだとおいくらなの?」「1900円です」「じゃあ、全部でお願いします」ってやり取りしたぐらいかな、僕が憶えてるの。

やっぱりね、ああいうお店で色々語るのは、小っ恥ずかしいですよ。いくら手話が上達しても…。

話は変わるけれども、5月13日に、待ちに待った「シン・ウルトラマン」が公開されます。

偶然でしょうが、3日前に妻から、ひと月遅れの誕生日プレゼントを貰いました。

それがこれです。

復刻版の「帰ってきたウルトラマン超百科」だそうです。

僕はフィギュアも書籍も何にもコレクションしない人間だけれど、恥ずかしながら実はウルトラマンのファンで、なぜか妻も僕がウルトラマンが好きだってことを知ってた。

でも何でバレたんだ?

憮然として受け取り、ページをめくると

「アーストロンにうしろからおさえられた帰マンは、体を怪力でしめつけられ、あぶなかった。」

とか、

「ステゴンはわるい怪獣ではないので、帰マンはなんとかたすけてやろうとどりょくした。」

という僕なりにほっこりする文面が目に入り、自然と顔がほころんできた。

「ああ、良いもの貰ったなぁ…」

だいぶ心が癒やされました。

何ですかねぇ、妻は夫の本質を見抜いてんですかね。それともこれは考えすぎですかね。

とにかく、プレゼントありがとう。感謝します。

少し元気が出た。

ブログランキング・にほんブログ村へ